県民限定の格安宿泊プラン、5670円(コロナゼロ)で販売

ローカル
この記事は約1分で読めます。

KPGホテル&リゾート(沖縄市、田中正男社長)は15日から、運営するグランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート(読谷村)とカフーリゾートフチャクコンド・ホテル(恩納村)で、県民限定の格安プランの販売を始めた。宿泊料金は、新型コロナウイルスのゼロを願い、語呂合わせで「5670円(税別)」に設定。「外出自粛などでたまったストレス解消にも活用してほしい」と呼び掛けている。

県民限定プランで泊まれるカフーリゾートフチャクコンド・ホテルの部屋の例(KPGホテル&リゾート提供)

 感染防止策として、レストランなどでは座席やテーブルの間隔を2メートル以上空け、ビュッフェでは手袋着用。チェックアウト後の部屋は、1日以上空けて割り当てるなどの対策を取る。

 プランは素泊まりで、食事は別途予約が必要。グランディの宿泊期間は6月19~30日で2人以上の予約が必要。カフーの宿泊期間は6月1~30日で、3人以上。それぞれ電話のみで予約を受け付ける。グランディは098(987)8300、カフーは098(964)7000。

県民限定の格安宿泊プラン、5670円(コロナゼロ)で販売 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 KPGホテル&リゾート(沖縄市、田中正男社長)は15日から、運営するグランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート(読谷村)とカフーリゾートフチャクコンド・ホテル(恩納村)で、県民限定の格安プランの販売を始めた。宿泊料金は、新型コロナウイルスのゼロを願い、語呂合わせで「5670円(税別)」に設定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました