寺回りの一つ、卯・戌・亥を祀る達磨寺

ローカル
この記事は約2分で読めます。

寺回り(テラマーイ)とは、首里十二カ所巡り、首里十二支詣りなどと呼ばれる、首里にある4カ所の寺院に祀られている十二支の守り本尊を巡拝する、琉球時代からの参拝方法です。年末年始や厄年、人生の節目などに十二支の神様に日々の感謝を伝え、これからの健康や開運、御加護を祈願します。年末年始や週末は多くの地元の人たちがお供え物を持参し、伝統的な方法で祈りを捧げています。特にお寺の順番はないので、時間がない場合は自分の干支の寺院を優先的に回ってください。
今回は寺回り(テラマーイ)の一つ、達磨寺について解説していきます。

達磨寺とは?

臨済宗妙心寺派の寺院。 山号は達磨峰、地元では寺号の達磨寺の名前で親しまれています。

願いが叶う大願成就の鳥居

・心願成就の持ち上げだるま

・撫でた部分が健康になる撫でだるま

・悪縁を切って良縁を結ぶ不動明王様

・お財布に果報を呼び込む金運神社

などがあるご利益たっぷりの寺院です。

守り本尊

卯(文殊菩薩)

戌・亥(阿弥陀如来)

文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の知恵」のことわざもあるように知恵の仏様として有名なので合格祈願の参拝者も多く訪れます。

阿弥陀如来のご利益は、来世での救済、人類全体を極楽浄土に導くことです。

基本情報

名前 西来院(達磨寺)

フリガナ サイライイン(ダルマデラ)

所在地 903-0813 沖縄県那覇市首里赤田町1-5-1

電話番号 098-884-1077

休日 なし

料金 無料

駐車場 あり

アクセス ゆいレール首里駅下車徒歩約5分

コメント

タイトルとURLをコピーしました