クルマ社会の沖縄だからこそ必要なロードサービス!

Uncategorized
この記事は約3分で読めます。

クルマ社会の沖縄

早速ですが、クルマ社会と言われる沖縄で故障や事故が起きた時の対策はしていますか?

車に乗っている方であれば一回は路肩などでハザード点けて停車している車を目撃したことがあると思います。
どれだけ自分で気をつけて点検していようが、故障や事故は起こるものです。
例えば、よくある事象として車内灯やライトが点いたまま買い物出かけた場合などでバッテリーが上がってエンジンがかからなくなってしまったり…

安心・安全なロードサービス

車が故障や事故により動かなくなってしまった場合に何とかしてくれるのがロードサービスです。
おそらくロードサービスと言われて、真っ先に思いつくのは、「JAF(ジャフ)」ではないですか?
なんとJAFの会員数は全国で1,970万名とも言われており、JAFに入会は必須といっても過言ではないでしょう。

ここでは、JAFの入会について簡単にまとめてみました。

サービス内容

ロードサービス

バッテリー上がり
13,130円→無料

パンク
15,230円→無料※一本

内鍵
15,230円→無料

故障車けん引
13,130円→無料※15㎞まで

それ以外にもロードサービスはございますが、よく起きる故障だけ紹介しています。

日常的に使えるサービス

全国約47,000カ所での会員優待サービスが使い放題。

飲食店やカー用品、ガソリンスタンドなどでも割引や特典が利用可能。

沖縄でのお店でいうと、

     ホテルRoyal Hotel沖縄残波岬、ユインチホテルなど
     飲食店ステーキハウス88、牛角、マックなど
  ガソリンスタンド  ENEOS、コスモ石油など
  アミューズメントサザンヒルカラオケトマト、コロッケ倶楽部など

JAFの3つの会員制度

JAFは以下の3つの会員制度があります。

  • 個人会員
  • 家族会員
  • 法人会員

個人会員

個人会員とは、個⼈の名前(個⼈名義)で入会をする方法になります。

発行された会員証は入会者本人のみ利用可能ですが、ロードサービスの対象車両であれば、運転をしているだけではなく助手席や後部座席に乗っていたとしても対象となります。

しかし、業務⽤⾞両(緑ナンバー・⿊ナンバー)に、お客さんとして同乗されている場合は、対象とはなりませんのでご注意下さい。

家族会員

JAF 家族会員

出典:https://jaf.or.jp/individual/join-us/membership/family

家族会員とは、個⼈会員と同居または生計を⼀にする家族の方が対象となる入会方法です。

個人会員1名につき5名まで家族会員として入会可能です。

会員証は入会した家族会員本人のみ利用可能ですが、ロードサービスや優待サービスは、個人会員の内容と同一です。

法人会員

法人会員とは、法人名または団体名で入会される方が対象となる会員制度です。

車両単位の登録となり、ドライバーを限定せず利用可能です。

会員証は、登録された車両番号毎にそれぞれ発行され、登録台数に制限はありません。

登録の対象車両は以下になります。

  • ⾃家⽤⾃動⾞(ミニカー含む。)であって、⾞両重量3,000kg以下、かつ最⼤積載量2,000kg以下の⾃動⾞および原動機付⾃転⾞。

※大型特殊自動車および小型特殊自動車を除く

まとめ

ロードサービス以外にも日ごろから飲食店などで使えるサービスもあるのは初めて知ったのではないでしょうか?

今はコロナの時期で旅行などは厳しいかと思いますが全国で使える優待なのであって損なしです!

詳しくはこちらからどうぞ↓

タイトルとURLをコピーしました